関東圏で根強い人気の子ども服ブランド「銀座サヱグサ」について。

日本の子ども服ブランドの二大巨頭はfamiliarとミキハウスですが、お出掛けに適したお洋服や上品さという点ではfamiliarに軍配があがります。ミキハウスはよりカジュアルでアクティブなお洋服が得意ですね。

そして、もう一つ忘れてはならないのが「銀座サヱグサ」。特に関東圏で根強い人気を誇ります。本日は関西圏ではまだまだなじみの薄い「銀座サヱグサ」についてご紹介します。

  1. 「銀座サヱグサ」ってどんなブランド?
  2. 「銀座サヱグサ」の店舗はどこにあるの?

1.「銀座サヱグサ」ってどんなブランド?

特に関東圏で根強い人気を誇るのが「銀座サヱグサ」という会社の子ども服です。銀座サエグサは創業1869年。時代背景的には、坂本竜馬が活躍したあの時代です。「銀座サヱグサ」の創業当時、それは日本が食事や医学、言葉など急速に西洋の文化を吸収した時期です。
そんな中、洋服というジャンルの中で立ち上げられたのが銀座サエグサ(当時は「伊勢興」)で、当時は輸入商として商いを行っていました。現在もオリジナル子ども服だけでなく輸入子供服も取り扱っていますので、若干familiarやミキハウスと趣の異なるブランドですね。

ただ、創業以来関東大震災や第二次世界大戦など数々の苦難を乗り越えて今に至る、まさに「超老舗」のブランドで、2014年には創業145年を迎えています。こちらの「銀座サヱグサ」のお洋服もさすが老舗なだけあって、定番のオリジナル商品は特に上品なものが多いです。

saegusa

画像:「銀座サヱグサ」HPより

2.「銀座サヱグサ」の店舗はどこにあるの?

創業当時から東京・銀座に拠点をおく「銀座サヱグサ」は、現在(2015年10月1日時点)下記3店舗のみ。あとはwebショップがあります。

・ザ・メインストア銀座(東京都中央区銀座)
・ザ・ストア大阪(大阪府梅田:ヒルトンプラザイースト3F)
・キャラメル べビー&チャイルド(東京都渋谷区)

関西。。というより東京以外では大阪の1店舗しか存在しないため、西日本での認知度は低く、おそらく知らない人の方が多いでしょう。但し関東方面では、銀座の一等地で昔からある超老舗として知られています。店舗数はfamiliarやミキハウスの圧倒的な数にはまったく及びませんが、オリジナルラインはとても上品でかわいらしいお洋服があります。familiarが好きな方にもお薦めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です