小林麻央さんの乳がん報道を受けて考える。胸が小さい?それでもマンモグラフィは大丈夫!

小林麻央さんの乳がん報道を受け、海老蔵さんが会見を開かれましたね。

麻央さんや子どもたちも

おそらくこの会見を見ているのでしょう。

記者の方から麻央さんの乳がんのステージについて質問がありましたが、

報道とはいえどうしてそんなことが聞けるのかな、なんて思ってしまいました。

しかしそれでもなお、この会見をきっかけに救われる女性が増えたらいいと

おっしゃっているお二人は本当に素晴らしいです。

乳がんは全ての女性にとって遠い存在ではありません。
できるだけ乳がん検診を受けるようにしたいところです。

そんな乳がん検診ですが、

実際に乳がん検診を受けるまで、実は私も一つ懸念がありました。

それは

私の胸は小さい(おそらくもう「貧乳」の部類かと、、、)のですが、

マンモグラフィ検査が受けられるのか?

ということです。

が、実際に私がマンモグラフィを受けた結論から言うと、

「大丈夫です!」

AカップでもBカップでも、大丈夫です!

こちらをご覧下さい。男性でも受けられるくらいなんです。

マンモグラフィーってどんな検査?

Q3胸が小さくてもマンモグラフィーは撮れるの?

胸の大きさが撮影に影響することは全くありません。男性の胸でも撮影することができるくらいですから心配いりません。

ピンクリボン運動

貧乳でもマンモグラフィーは受けられるのか?

結論から言ってしまえば、貧乳の方であってもマンモグラフィー検査を受けることはできます。

マンモグラフィーでは、上半身裸で乳房撮影装置の前に立ち、片方の乳房全体が写るように乳房を寄せて引っ張り、撮影装置の検査台の上に乳房を乗せます。

この時、乳房の厚みが約5cmになるように、乳房を圧迫筒で上下から圧迫します。

貧乳の方は「この時、約5㎝の厚みを確保できない!」と思ってしまうかもしれませんが、そのような理由でマンモグラフィーを受けられないということはありません。

実際、男性で乳がん疑いがある場合はマンモグラフィーを受けることがあります。貧乳であるからといってマンモグラフィーを受けられないということはまずありません。

出典元:Navigene

本人にとってはお悩みのタネですが、
マンモグラフィは乳がんの早期発見に欠かせないものです。

胸が小さいからということは心配せずに、

本人にとってはお悩みのタネですが、

マンモグラフィは乳がんの早期発見に欠かせないものです。

胸が小さいからということは心配せずに、
しっかり検診を受けましょう!

兵庫県明石市東部~神戸市西区で

おすすめの病院はこちらの記事をどうぞ↓

小林麻央さんの乳がん報道を受けて考える。おすすめの乳腺外来(明石市東部・神戸市西区エリア)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です