キングコングの西野さん(絵本作家、にしのあきひろさん)の作品も素敵

何気なくニュースを見ていたら、「キングコングの西野さんが芸人さんを引退して絵本作家さんになる」という記事がありました。

絵本作家として活動されていたのは知らなかったのですが、子育て中のママとしては「絵本」はとっても気になるジャンルですので、一体どんな絵本を描かれるのか気になって調べてみました。

現在は3作の絵本が発表されています。

『Dr.インクの星空キネマ』

kinema
amazon

『Zip&Candy ~ロボットたちのクリスマス~』

zip

amazon

『オルゴールワールド』

orugo-ru

amazon

ティム・バートンを彷彿とさせるような、、色はあまり使わずペン画で繊細なファンタジックな世界が表現されています。

発表した作品も評価が高く、ニューヨークで原画展を開催して成功され、さらには海外での出版も決まっています。

また、自身のアート作品をwebで販売したりするあたりももはや芸人さんではなくアーティストさんという感じです。

芸能人の方って、文筆業だったり画家であったり、本当にみなさん多彩で驚きます。

気になる絵本の内容は賛否両論はあるようですが、それはどんな絵本や作品にも同じこと。

この3作の中では特に「ZIP&CANDY」の評価が高いようです。

西野さんの絵本、「ZIP&CANDY」を読みました。絵本はもともと読まない私ですが、この絵本は、何度でも読み返してしまうほど、とても印象に残ります。
こんなに細かくて繊細な絵を描いていらっしゃる西野サンが好きになります。内容もとても可愛らしくて、普段、絵本を読まない方でも大変、読みやすいと思います。

ZIPとCANDYの切ない恋の物語・・。一言で言うとロマンチックな内容となっています。恋や愛の大切さ、相手を愛することはこんなにも素晴らしいんだ、と言うことを気づかせてくれます。
読めば読むほど、感動してしまい、心がじわ〜〜っときてしまいます。

大切な人がいらっしゃる方は、プレゼントにするのも良し、一緒に読むのも良し・・です(^^)クリスマスがメインのお話しとなっているので、冬の時期に読むとまた面白いと思います。

内容だけでなく、絵も素晴らしくて、西野サンが丁寧に丁寧に時間をかけて描いた絵は、見るたびに、「凄いなぁ〜〜」と感心させられ、普段とはまた違う西野サンが見られるかもしれません。

ZIPとCANDYのキャラクターも可愛いいので、是非、読んでみて下さい(^^)!

amazon

この他にも、西野さんの事をあまりよく知らずに絵に惹かれて購入された方が、そのストーリーに大変感動し号泣したというようなコメントも沢山寄せられています。

作を重ねるごとにストーリーの方もブラッシュアップされていくのではないでしょうか。

私としては、子供むけ絵本というよりは大人向けの絵本のような感じがしますが、ぜひ一度本屋さんで実際に手にとってみてください。

そして今後の西野さんのご活躍に期待です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です